高専生専用の就職情報プラットフォーム

会社検索

会社検索

インターステラテクノロジズ株式会社

23卒応募受付中

自動車・輸送用機器,プラント・エンジニアリング,鉄道・航空・空港

ロケット開発ベンチャー/国内民間単独として初めて宇宙空間に到達

私たちの特徴 About Us

インターステラテクノロジズは、宇宙への圧倒的に低価格で便利なインフラを構築し、誰もが宇宙に手が届く未来の実現を目指すスタートアップ企業です。観測ロケットMOMOは国内民間企業単独として初めて且つ唯一となる宇宙空間到達を達成、次世代機となる超小型人工衛星打上げロケットZEROの開発を本格化させています。

事業内容・技術力 Business & Technology

■事業内容
ロケットの開発・製造・打上げサービス

■技術力
設計から打上げまで、自社で一気通貫の開発体制で、無駄や余分なコストを省き、スピーディな開発・製造、そして圧倒的低価格を実現。これまでロケットの製造・打上げ実績は18機となっており、液体ロケットでの宇宙到達は民間企業では世界で4社目。

  • 機械
  • 材料
  • 電気電子
  • 情報
  • 制御
  • 化学・物質・生物
  • 建築
  • 土木
  • 商船(航海)
  • 商船(機関)
  • 医療・福祉工学
  • 航空宇宙
  • 経営工学
  • 複合学科専攻
  • デザイン
  • 文系

勤務地|北海道

本 科|組立・製造エンジニア、設備エンジニア、無線管制システムエンジニア

専攻科|組立・製造エンジニア、設備エンジニア、無線管制システムエンジニア

高専生の採用コース Course

エンジニア

  • 本科卒
  • 専攻科卒

職種情報 Job Info

組立・製造エンジニア

■募集背景
堀江貴文を中心として2013年に創業された当社。
北海道大樹町に本社を構え、ロケットの設計・製造・打ち上げまでをワンストップで手掛けています。

民間企業としては国内最高峰の技術力を誇っており、
2019年には日本で初めて宇宙空間に到達した民間ロケット「MOMO3号機」を打ち上げました。

現在は超小型衛星打ち上げ用ロケット「ZERO」の開発に取り組んでおり、
今後も体制を強化するため、高専生の採用を行います。

■仕事内容
ロケット部品、実験設備部品、打上げ設備部品の組立・試作・部品製造
ロケット打ち上げ運用

  • 本科生
  • 専攻科生

勤務地|北海道

設備エンジニア

■募集背景
堀江貴文を中心として2013年に創業された当社。
北海道大樹町に本社を構え、ロケットの設計・製造・打ち上げまでをワンストップで手掛けています。

民間企業としては国内最高峰の技術力を誇っており、
2019年には日本で初めて宇宙空間に到達した民間ロケット「MOMO3号機」を打ち上げました。

現在は超小型衛星打ち上げ用ロケット「ZERO」の開発に取り組んでおり、
今後もロケットの射場、試験設備等の地上インフラが必要となるため、
プラントエンジニア(設備エンジニア)を募集します。

■チームミッション
ロケットの開発、打上げを支えるのが設備グループのミッションです。

設備グループは弊社のインフラ設備である射場や試験設備等の
設計、施工、整備までを一気通貫で担う部署です。

グループの業務を大きく分けると4つになります。
①企画・要件定義
②基本設計
③詳細設計
④施行・試運転

特にロケットの機体を打ち上げる射場は、
ロケット本体に1段目と2段目がある2段式ロケットになぞらえて、
「ロケットの0段目」と呼ばれるくらい大切な部分です。

超小型衛星打ち上げ用ロケット「ZERO」の射場、試験設備等の企画、設計、施工、運用に一貫して携わっていただきます。
入社後はできる業務からお願いし、業務に慣れてきたら幅広い領域を担当することができます。

■やりがい
一気通貫で業務を担当することで、幅広い知識、経験を積むことができます。

■メンバー構成
現在4名体制となっており、新卒のメンバーも1名活躍中です。

  • 本科生
  • 専攻科生

勤務地|北海道

組立・製造エンジニア

■募集背景
堀江貴文を中心として2013年に創業された当社。
北海道大樹町に本社を構え、ロケットの設計・製造・打ち上げまでをワンストップで手掛けています。

民間企業としては国内最高峰の技術力を誇っており、
2019年には日本で初めて宇宙空間に到達した民間ロケット「MOMO3号機」を打ち上げました。

現在は超小型衛星打ち上げ用ロケット「ZERO」の開発に取り組んでおり、
今後も体制を強化するため、高専生の採用を行います。

■仕事内容
ロケット部品、実験設備部品、打上げ設備部品の組立・試作・部品製造
ロケット打ち上げ運用

  • 本科生
  • 専攻科生

勤務地|北海道

設備エンジニア

■募集背景
堀江貴文を中心として2013年に創業された当社。
北海道大樹町に本社を構え、ロケットの設計・製造・打ち上げまでをワンストップで手掛けています。

民間企業としては国内最高峰の技術力を誇っており、
2019年には日本で初めて宇宙空間に到達した民間ロケット「MOMO3号機」を打ち上げました。

現在は超小型衛星打ち上げ用ロケット「ZERO」の開発に取り組んでおり、
今後もロケットの射場、試験設備等の地上インフラが必要となるため、
プラントエンジニア(設備エンジニア)を募集します。

■チームミッション
ロケットの開発、打上げを支えるのが設備グループのミッションです。

設備グループは弊社のインフラ設備である射場や試験設備等の
設計、施工、整備までを一気通貫で担う部署です。

グループの業務を大きく分けると4つになります。
①企画・要件定義
②基本設計
③詳細設計
④施行・試運転

特にロケットの機体を打ち上げる射場は、
ロケット本体に1段目と2段目がある2段式ロケットになぞらえて、
「ロケットの0段目」と呼ばれるくらい大切な部分です。

超小型衛星打ち上げ用ロケット「ZERO」の射場、試験設備等の企画、設計、施工、運用に一貫して携わっていただきます。
入社後はできる業務からお願いし、業務に慣れてきたら幅広い領域を担当することができます。

■やりがい
一気通貫で業務を担当することで、幅広い知識、経験を積むことができます。

■メンバー構成
現在4名体制となっており、新卒のメンバーも1名活躍中です。

  • 本科生
  • 専攻科生

勤務地|北海道

高専向けデータ Data

全学年

開催日

12.20

応募締切
12.19

インターステラテクノロジズ全職種採用イベント

【エンジニアから広報まで全ポジションOK】
インターステラテクノロジズ(以下IST)は、「誰もが宇宙に⼿が届く未来をつくる」をビジョンに掲げ、「圧倒的に低価格で、便利なロケット」をコンセプトとして、観測ロケット「MOMO」(以下MOMO)と超小型人工衛星打上げロケット「ZERO」(以下ZERO)を独自開発・製造している宇宙開発スタートアップ企業です。

現在は「ZERO」の開発を本格化させ、2021年で従業員が60名から100名に拡大。これからもより一層の事業成長をさせるべく、採用イベントを開催することとなりました!

【参加者はIST/宇宙業界に興味のある方であればOK】
イベント前半では代表からの企業説明・メンバーからの業務説明、後半は交流会を予定しております。宇宙業界やISTのことをまだ詳しく知らない方、また中途・新卒・インターン問わずご参加いただきます。

今回は交流会もございますので、気になることを社員に直接聞くことができる貴重な機会ですのです。
また大樹町で射場開発をしているSPACE COTAN株式会社も参加しますので、宇宙業界で働くことに少しでもご興味のある方はぜひご参加ください。

【イベント概要】
■日時
2022年12月20日(火)19:00-21:00(18:30受付開始)

■場所
X-NIHONBASHI TOWER
東京都中央区日本橋室町2-1-1日本橋三井タワー7階
東京メトロ銀座線「三越前」駅 A7・A8出口直階

■タイムスケジュール(プログラムの順番や所要時間は変更の可能性がございます
18:30-19:00 受付
19:00-19:20 企業説明・クロストーク
19:20-19:30 グループトークの事前説明
19:30-20:00 各ポジション別にグループトーク
        ※1セッション(15分)×2回実施いたします
20:00-20:10 休憩・レイアウト変更
20:10-21:00 交流会

■参加費
無料

  • 応募方法:外部サイト

開催地|東京都