高専生専用の就職情報プラットフォーム

会社検索

会社検索

日鉄精鋼株式会社

22卒応募受付中

鉄鋼

鉄鋼線材の二次加工メーカーとして、自動車産業を支える技術者集団

私たちの特徴 About Us

創業1935年 株式会社設立1950年 日本製鉄グループ化1979年
創業以来一貫して、鋼線の二次加工事業のみを追求しています。その歴史に裏付けされた
1. 高精度な線径に仕上げる引抜加工技術
2. 用途・要望に応じる皮膜処理技術
3. 強さと加工性を両立させる熱処理技術
という技術力を背景にお客様と強い信頼関係を築き、これが更なるシナジーを生み出しています。

事業内容・技術力 Business & Technology

■私たちの事業
冷間圧造用(Cold Heading)鋼線の製造・販売
磨棒鋼の製造・販売
ビードワイヤーの製造・販売

■私たちの活躍の場
 私たちの製品は、主に自動車部品製造に必要な素材となります。特に、自動車が安全に「走る・曲がる・止まる」ために必要な足回りの重要保安部品等に用いられます。

技術系総合職

解析・分析・試験,生産技術・製造・プロセス開発,生産管理・品質・調達

EVOLVING into the Best. ~最善に向けて進化し続ける技術者集団

  • 本科生
  • 専攻科生
  • 機械
  • 材料
  • 電気電子
  • 情報
  • 制御
  • 化学・物質・生物
  • 建築
  • 土木
  • 商船(航海)
  • 商船(機関)
  • 医療・福祉工学
  • 航空宇宙
  • 経営工学
  • 複合学科専攻
  • デザイン
  • 文系

勤務地|静岡県,大阪府,福岡県

採用コース
技術系総合職

仕事内容・やりがい Job About

■日鉄精鋼の事業について
日本製鉄のグループ企業である当社は、主に自動車部品へと加工する鉄鋼線材を製造する二次加工メーカーです。 当社の製品は、自動車が「走る・曲がる・止まる」に必要な重要保安部品に用いられています。だからこそ、
1.1000分の1mm単位の高精度な線径に仕上げる引抜加工技術
2.お客様の用途・要望に応じる被膜処理技術
3.鉄鋼の強さと加工性を両立させる熱処理技術
といったより高い技術力で精度の高い高品質の製品を生み出す必要があります。また、ハイブリッド車やEV車の進展により、今後10年間の自動車産業変化のスピードは過去に無いほど早くなります。そのため、より一層時代のニーズに適応した品質を提供できる高い技術力を培う必要があります。当社では、「日本製鉄とのグループ連携」と「80年以上かけて培ってきた技術力」を武器に、底堅い事業基盤を恒久的に継続していく体制を整えています。

■リーディングカンパニーを目指し、成長し続ける!!
『二次加工メーカーのリーディングカンパニー』という経営ビジョンを実現するため、技術動向や社会経済動向を把握し、弊社がターゲットとする市場と顧客の状況に応じた体制づくりのために、次のことに取り組んでいます。
1.顧客ニーズ(EV化など)に基づいた高品質の商品を競争力のある価格と納期、万全の品質保証体制の下で提供する
2.現在の労働力ニーズに対応した省人化・自動化といった製造体制を整備する
3.1・2を支える設備投資・製造方法・レイアウト等の抜本的見直し
 これらの取り組みには職場内、職場間、部門間での闊達な意見交換(コミュニケーション)が必要不可欠です。そのため、スモールミーティングの活性化など社員全員の意思が会社を発展させる組織風土づくりを進めています。

【職務内容】
(1)生産技術(品質管理・生産技術・技術サービス)
製品諸特性の判定・品質チェック。製品品質の改善、顧客への製造工程やコスト削減等の提案。新製品の開発。
 寸法精度や強度、加工性といったお客様が求める品質の実現はもちろん、燃費向上のため自動車の軽量化が進む中、部品を軽量化するための課題にも取り組みます。常に、お客様からの要求品質を的確に把握し、最適なもの造りと提供を行うことが重要です。そのため、事務処理能力だけでなく、実際に生産現場での改善、品質の良し悪しの判断といった製造技術についての研鑚を積むと同時に、お客様との打合せ時における営業担当とお客様のパイプ役としてお客様に分かりやすく伝える力も必要となります。弊社の経営理念にある『お客様に満足と感動をいただける製品とサービス』を直接的に感じられる部門でもあります。

(2)設備技術(設備保全・設備制御・工場/設備管理)
既存設備の保全、補修並びに改修。環境設備の運転管理及び保全。エネルギー管理、公害対策。新規設備導入の検討・計画策定・施工管理。
 製造機械設備の性能を高め、その健全性を維持し、「安全」かつ「高品質」な製品を常に製造できるようにすることが、設備スタッフの使命です。そのため、設備面から生産能力向上や業務効率化といった提案・企画を行い、常に工場全体の改善に取り組むことが最重要ミッションです。また、24時間稼働する工場の日々の具体的な設備保全の他、工場を見回り、機械の『声』に耳を傾けてトラブルを未然に防ぎ、万一の事故にも課題事象に対するスピーディな解決が重要です。そのため、時には帰宅後に呼出を受けることもありますが、工場に直行し機械オペレータからの「ありがとう」の言葉に強くやりがいを感じることができます。
その他設備動力(電気・ガス)の効率化、環境設備の管理・分析、年間予算の策定等、仕事は多岐に渡り幅広いスキルが身につけられます。業務遂行には、公的資格(エネルギー管理士、公害防止管理者、電気主任技術者等)が必須のため、取得する必要があります。